FX2ちゃん投資まとめ


現在の世界水準であるメタトレーダー4を採用

オンラインFX海外のスタンダードは、ディーリングデスクを介在する従来の方法から、NDD(ノーディーリングデスク方式)と呼ばれるダイレクトな取引へと移ってきています。NDDにも2通りあり、参加者同士でマッチングが行なわれるECNと、参加者にカバー先を加えて取引の安定性を増すSTPがあります。ペッパーストーンではそれぞれアカウントを割り振り、NDDアカウント内でも選択の幅があるという特長を持ち合わせています。

y8rer また、電子商取引ネットワークを利用する口座を開設する際の初回の最低入金額が200ドルということも見逃せないポイントです。これは他社と比べてもかなり低い金額。日本円で10万円以上となると、ちょっと参入のハードルが高すぎるという方も多いでしょうが、2万円程度であれば、気軽にチャレンジしやすいですね。

また、相場の変動が乱高下するような状況でも、ペッパーストーンでは低スプレッドが維持されています。これはペッパーストーンがが自社メリットとして前面におしだしていること。これには、ペッパーストーンが大手バンク22行との独自コネクションを持っていることが大きく影響しています。通常、数行のバンクへのコネクションのみでネットワークを運営している業者が多い中、この数字は驚異的。他業者との大きな違いといえるでしょう。

ペッパーストーンのトレードプラットフォームでは、現在の世界水準であるメタトレーダー4を採用しています。メタトレーダー4は、高機能なトレードツールでありながら、初心者トレーダーでも簡単に始められ、自分の生活スタイルとトレードスタイルにあわせて利用できる優秀なプラットフォームです。直感的な取引から、取引のタイミングを逃さない24時間取引が可能な自動取引まで活用の幅は無限大。PCだけでなくモバイル用のツールもあるので、ちょっとした時間を使って取引を楽しむことも可能です。モバイル対応は、iPhone、iPad、Android、BlackBerryなどが用意されています。

ペッパーストーンは、以前のアカウントにはなかった「ワンクリック決済」にも対応。さらに使い勝手の良さを追求しています。口座開設も申し込みから原則60分以内で完了するなど迅速。やってみたいと思ったときにすぐはじめられるスピーディーさが魅力です。完全設備でサポート体制もしっかりしていることから、FX初めてにも人気が出て来ている業者です。今後取引条件別に初めてでも投資ができる海外FXも提供するのではないでしょうか。

FXの取引できる時間

FXの取引できる時間は、株式取引とは違い大変長時間です。すごく普通の会社員が、平日会社から帰宅してからでも十分リアルタイムで参加できる金融取引です。そのためFXは、通貨の値動きを自分の目で見ながら為替取引に参加できます。

ですから、注文を予め出しておいて後は寝て待つようなやり方よりも、為替変動を見てチャンスだと思った時に自分の手で注文を出せるので、平日働いているサラリーマンに非常に向いている金融商品だと思います。


houisrerere