FX2ちゃん投資まとめ


ノーディーディーリングデスクのECN方式

ノーディーディーリングデスクのECN方式によって、安定で公平なシステム、そして低スプレッドの取引環境をユーザーに提供しているのが、オーストラリアのFXブローカーであるThinkForexです。日本でサービスを開始したのは比較的最近の海外FXブローカーブローカーでありながら、国内でも高い人気を誇っています。その理由の1つは、優れた日本語サポート体制にあります。

日本語に完全対応した分かりやすい公式ホームページを始め、日本人スタッフによるサポートが、電話やメール、そしてチャットで受けることができます。
日本語に完全対応しており、顧客のっフォローも万全で、初心者トレーダーも安心して取引に参加できます。サービス全般においてプロのトレーダーからも高く評価されています。また、カスタマーサービスが優れているだけでなく入出金もすぐに処理されます。 この背景には、近年、海外のFX業者にとって日本は重要な顧客としてみられ、日本語サポートがますます充実してきています。 ここの業者のサポートの質の高さにおいては、多くのブログなどで話題になっているようです。英語が苦手な人でも心配なく利用できるのは、日本でThinkForexを使う大きな理由の1つになるでしょう。

yiouire そしてThinkForexは、日本以外の国々でも人気が高いFXブローカーです。それはスピーディーで高い約定力などの優れた安定性に加えて、低スプレッドであるという環境の良さにあると言えます。また一部アカウントで無料で利用できるVPSはロンドンの金融センターに設置され、世界でも屈指の金融機関とクロス接続されています。ECNのメリットを最大限に活かした環境を整えているのがこのThinkForexなのです。

そのThinkForexが用意しているアカウントは、スタンダードとプロ、アルゴ、cTrader専用の4つになります。50倍~最大500倍のレバレッジ、最低取引単位は全ての口座で共通ですが、初回入金最低必要額などが違ってきます。そしてスタンダード口座とプロ口座の違いのもっとも大きなことは、スプレッド設定と取引手数料の有無にあります。プロ口座では取引手数料が必要になる代わりに、より有利なスプレッドが提供されています。取引手数料が無料のスタンダー口座では、少し広めのスプレッドになりますが、それでも業界では狭い水準であることに変わりはありません。

ThinkForexで利用できる取引プラットフォームは、世界でもっとも使われているメタトレーダー4に加え、ウェブベースで動作するウェブトレーダー、iOSとアンドロイド用のメタトレーダー4モバイル、そして最小0.02の極狭スプレッドとリクオートや取引制限なしの自動売買ができるcTraderが、モバイル用も含めて用意されています。これらの中から、それぞれに適したツールを利用することができます。自分に合った業者を選ぶ際、大体の人がランキングなどを参考にしているわけですが、私が見た限り、ほとんどのサイトでこの業者が一番目立つページに配置されていました。

そんなThinkForexの口座開設は、難しいことはなにもありません。まず公式ホームページにアクセスして、口座開設申込みフォームで指示通りに必要事項を記入します。そして本人証明の書類を、デジカメやスキャナーで画像化して送信すれば、手続きは終了です。ThinkForexが内容を確認した後、アカウント情報がメールで届きます。その後、証拠金口座への入金が必要です。この入金には、クレジットカード、NETELLERやSkrill(マネーブッカーズ)の電子送金、銀行電信送金が利用できます。クレジットカードや電子送金であれば、12時間~1日以内に、入金が口座へ反映されます。

FXの取引できる時間

FXの取引できる時間は、株式取引とは違い大変長時間です。すごく普通の会社員が、平日会社から帰宅してからでも十分リアルタイムで参加できる金融取引です。そのためFXは、通貨の値動きを自分の目で見ながら為替取引に参加できます。

ですから、注文を予め出しておいて後は寝て待つようなやり方よりも、為替変動を見てチャンスだと思った時に自分の手で注文を出せるので、平日働いているサラリーマンに非常に向いている金融商品だと思います。


houisrerere